So-net無料ブログ作成

10億所得隠し、建設会社を告発=「馬毛島」所有の社長も―東京国税局(時事通信)

 不動産取引による所得約10億円を隠したとして、東京国税局が東京都世田谷区の建設会社「立石建設工業」と立石勲社長(77)を法人税法違反(脱税)の疑いで東京地検に告発したことが27日、分かった。同社は「社長が外出していて、詳しいことは分からない」としている。
 関係者によると、同社はグループ企業間での不動産取引で損失が出たように装うなどして所得約10億円を隠し、法人税約3億円を脱税した疑いが持たれている。
 立石社長は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)からの訓練移設先候補とされた鹿児島県西之表市の「馬毛島」のほぼ全域を所有する「馬毛島開発」の社長としても知られる。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

<野党4党>衆院総務委員長の解任決議案を提出 強行採決で(毎日新聞)
2020年の五輪 都体協が招致要望(産経新聞)
終盤国会は剣が峰 小沢氏再聴取、野党が集中砲火 延長なら参院選先送り(産経新聞)
タクシーのトランクに運転手の遺体、殺人か/神奈川・平塚(カナロコ)
政権運営で自己点検を=首相に苦言呈す―連合会長(時事通信)

ヘリ部隊500人を徳之島に移転=九州各地でローテーションも−官房長官が打診(時事通信)

 平野博文官房長官が12日の鹿児島県徳之島町議との会談で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、ヘリ部隊500人規模とその支援部隊、訓練の一部を同島に移転する案を打診していたことが13日分かった。さらに、徳之島側がこの案を受け入れれば、米軍訓練を九州各地の自衛隊基地にローテーションで移転させることを検討していることも伝えた。出席した町議が明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

マツダ井巻会長が退任、山内社長が会長兼務へ(レスポンス)
勝間vs香山…結局、自分で見つける「幸せ」(産経新聞)
携帯型ゲーム所持率7割超 小中学生進む依存、麻雀や大人向けエロゲーも(産経新聞)
参院山形、宮城で候補擁立=みんなの党(時事通信)
中3女子生徒が自殺か「友達ができない」(読売新聞)

もんじゅ運転再開 感無量、職員ら拍手 「やっとスタート台に」(産経新聞)

 起動の瞬間、職員から拍手がわき上がった。6日午前、14年5カ月ぶりに再開した高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)。長らく停止していた「夢の原子炉」の新たな出発だが、一部反対派が抗議集会を開催するなど再開に疑問を投げかける声もあった。

 もんじゅの中央制御室にはこの日、運転員や検査員ら約70人が入った。敦賀市の河瀬一治市長のほか、フランスや米国、ルーマニアなど海外の研究員も見守った。午前9時50分ごろ、職員が黄銅色の中央ボタンに鍵を差し込み、「停止」から「起動」にスイッチを転換すると、職員らの表情がぐっと引き締まった。

 機械の動作確認をした後、当直長の「操作を開始してください」という指示で、職員が炉心に差し込まれている制御棒を操作し、午前10時36分、原子炉が動き始めた。

 その瞬間、制御室では拍手が起こり、うっすらと涙を浮かべる職員も。直立の姿勢で見守っていた日本原子力研究開発機構の岡崎俊雄理事長と向和夫・もんじゅ所長が握手をして再開を喜び合った。

 職員の山下俊男さん(55)は「長かったが、感無量。事故のことを謙虚に反省して安全にやっていきたい」と話した。

 もんじゅの職員はゴールデンウイークを返上して作業に没頭。30代の職員は「一日でも早く、もんじゅを動かしたかったのが本音」と笑顔を見せた。

 記者会見した岡崎理事長は「やっとスタート台に立てた。一切のトラブルが生じないとは思わず、緊張感を持って取り組んでいきたい」と気を引き締めた。

 起動に先立ち、この日早朝、今月3日から行われてきた経済産業省原子力安全・保安院の最終検査が終了し、国の最後のお墨付きを得た。

 検査の中では、保安院の根井寿規審議官が「最初のトラブルは事象の大小を問わずにすぐに公表するように」と、情報公開の失敗を経験したもんじゅの幹部らに念を押していた。

 一方で、6日午後からは再開反対派の市民団体が、もんじゅ付近の海岸で抗議集会を開催。「大事故を起こす前に即刻運転を停止せよ」などと訴えた。

【関連記事】
もんじゅ立ち入り検査 14年ぶり運転再開前に
もんじゅ安全性の「アキレス腱」 ナトリウムを扱う難しさ
もんじゅ運転再開決定、交錯する思い 地域振興の「切り札的存在」
もんじゅ、連休明け運転再開へ 福井県知事と敦賀市長、了承で合意
新幹線「着工」カードに駆け引き 福井県、もんじゅ再開合意
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<取り立てチーム>船橋市で活躍…市税など悪質滞納に対抗(毎日新聞)
反捕鯨SS船長、27日に初公判 東京地裁(産経新聞)
普天間問題で首相 「最低でも県外」は「努力したいという思い」(産経新聞)
<殺人未遂容疑>交際男性の胸刺す 45歳女を逮捕 東京(毎日新聞)
パート女性“虎の子”貴金属1200万盗難(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。